忍者ブログ

プロペシア個人輸入

純正プロペシア錠やジェネリックプロペシアの激安個人輸入代行購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング 100%保証



経済的負担が少ないジェネリック医薬品


【 フィナステリド1mg | ジマー・ファーマ 】

フィナステリド1mgはAGA(抜け毛・薄毛・男性型脱毛症)の治療薬でも評価の高いプロペシア(米:メルク社製)のジェネリック医薬品です。フィナステリド1mgはそのプロペシアと全く同じ成分である事から同等の効果と高い安全性が実証されています。その一方で価格面はジェネリックということでプロペシアよりかなり抑えられております。服用開始から効果があらわれるまで、最低でも3ヶ月間以上、効果を確認するには半年以上は服用を毎日続ける必要があります。フィナステリド1mgは長期間の服用が必要なAGA治療薬としても経済的負担が少ない事から、気軽に利用することができます。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

PR

ロゲインやリアップx5の格安ジェネリック


【 ロギノ5% | ミノキシジル5% | ジマー・ファーマ 】

ミノキシジル外用薬ロゲインやリアップx5の格安ジェネリック「ロギノ5%」です。英国ジマー製薬が日本人向けに販売する日本語パッケージ・説明書付属の超人気商品で、また2017年発売開始の新商品です。 主成分であるミノキシジルは、もともとアップジョン社(現ファイザー社)が高血圧治療のための血圧降下剤として、血管を拡張させるために創製した経口医薬品です。その副作用として、髪の再生および男性型脱毛症の改善があったため、育毛剤として利用されるようになりました。ミノキシジル含有の外用育毛剤として作られたのがロゲインで、ファイザー社はOTC事業をジョンソンエンドジョンソン社に売却し、現在その傘下にあるマクニール社がロゲインを取り扱っています。日本ではミノキシジルを使用した医薬品として、大正製薬からリアップシリーズがあります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

フィンペシア1mg(プロペシア)キノリンイエローフリー100錠


【 フィンペシア1mg | フィナステリド1mg | シプラ 】

プロペシア1mgの超ロングセラー100錠入りジェネリック「フィンペシア」の新しいタイプ、キノリンイエローフリーが待望の入荷! フィンペシアは有効成分にフィナステリドを含んでおり、AGA(男性型脱毛症)の治療薬として人気の高いプロペシアのジェネリック医薬品として販売されています。そのフィンペシアの中でも、この薬は新しく開発されたものでキノリンイエローフリーとなっています。キノリンイエローとは、着色料として使用されている添加物の1つです。フィンペシアでは錠剤のコーティング剤として使用されていました。日本では、このキノリンイエローは化粧品などに使用することは認められていますが、体内に取り入れた時の確かな安全性が確認できていないため食品の添加物として使用することは禁止されています。今まで販売されていたフィンペシアにはキノリンイエローが添加物として含まれていたので、身体の安全面などへの心配もありましたが、今回新しく販売されたフィンペシアはキノリンイエローフリーになっているので、安心して使用して頂けます。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

プロペシアと同じ効果で低価格なエフペシア

エフペシア1mg

【 エフペシア1mg | フィナステリド1mg | シプラ 】

エフペシアは男性型脱毛症(AGA)治療薬です。日本でも認可がされているプロペシアと同じ成分が配合されているので同じ効果があり、価格は安いのが特徴です。40代以上の男性に支持されていましたが、近年では20代~30代の男性の方にも求められ、多くの方が使用しています。髪の毛が抜けてしまうのは自然なことですが、悩んでいる方は是非お試しください。いつでも飲める薬なので使いやすく、3ヶ月から6ヶ月ほど続けると効果が実感できます。個人差はありますが最低でも3ヶ月以上は続けて頂くことをお進めてしています。継続すればするほど効果が発揮されます。脱毛症の進行を抑えて、太くコシのある髪を手に入れましょう。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

フィナステリド1mg+ミノキシジル5%+ニゾラルシャンプーの育毛&発毛促進セット

育毛&発毛促進・抜け毛防止・皮脂の除去、AGA治療の全てを1セットでフィンペシアとツゲイン5%とニゾラルシャンプー1箱お買い得セット。 『脱毛を防ぐ』フィンペシア(フィナステリド)と『強い髪にして毛細胞を活性化し復活させる』塗り薬のツゲイン5%と『ケトコナゾール配合の地肌の健康を守る育毛シャンプー』ニゾラルシャンプーがセットになりお買い得!


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

プロペシアの服用方法

プロペシア

【 プロペシア | フィナステリド | メルク 】

成人男性ならば0.2mgを1日1回、水と一緒に服用するだけです。また、年齢や個人の体質、症状に応じて、最大で1mg(1錠)まで使用可能です。過剰摂取は禁物です。男性特有の脱毛症は、それまで長い期間をかけて進行している場合が多いです。従って、継続的に使用することで効果が現れ安くなります。通常ならば3ヶ月以上のNZプロペシアの服用が必要です。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

フィナステリドの効果

プロペシア

【 プロペシア | フィナステリド | メルク 】

フィナステリドは男性ホルモンのテストテロンがDHT(ジヒドロテストテロン)に変換されるのを阻害する薬です。テストテロンが5αリダクターゼという酵素のはたらきでDHTに変換されると、毛髪サイクルが短くなり、脱毛が増えて毛髪が薄くなります。 3~5年と言われる男性の毛髪サイクルは、毛根にある毛乳頭にDHTが作用すると成長期が極端に短縮して、長く太くなる前に抜けていくようになります。その結果、頭皮には細く短い毛が増えて、地肌が目立つようになります。 テストテロンをDHTに変換する5αリダクターゼは、男性の頭皮(とくに頭頂部と前頭部)と生殖器に多く存在しています。フィナステリドはこの5αリダクターゼの作用を阻害することで脱毛や前立腺の肥大を防ぐ効果があるのです。 フィナステリドは5αリダクターゼ阻害薬(5α還元酵素阻害薬)と呼ばれる薬で、テストテロンがDHTに変換されるのを阻害することで、脱毛の進行を止めます。 フィナステリドは男性ホルモン受容体の感受性が強い人に対してより効果を発揮します。遺伝的にホルモン感受性が高くDHTが多く作られやすい人に対して、DHT産生を減らす効果がより大きいのです。 つまり、DHTが原因で脱毛や薄毛が進行している人ほど、フィナステリドは効果があるということです。遺伝子を見てべてホルモン感受性を調べると、プロペシアがどれくらい効果があるか分ります。 メルク社が20~50歳のAGA患者に行ったプロペシアの国内臨床試験によると、プロペシア1mgを1・3・5年間服用することで次のような結果が出ています。 •1年間の服用→ 改善効果があった人 58%、現状を維持した人 40% •2年間の服用→ 改善効果があった人 68%、現状を維持した人 31% •3年間の服用→ 改善効果があった人 78%、現状を維持した人 20% 現状維持と改善の合計はいずれも98~99%ですが、服用期間が長いほど現状維持から改善に向かう人の割合が増えています。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

飲む育毛薬・フィナステリド(プロペシア)

プロペシア

【 プロペシア | フィナステリド | メルク 】

男性型脱毛症の一番新しい治療薬、フィナステリド(プロペシア)についてご説明します。この薬の出現で、男性型脱毛症の治療戦略は格段に進歩しました。

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが細胞内でⅡ型の5a-リダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、これが毛乳頭細胞内で作用して起こります。

フィナステリド(プロペシア)は、Ⅱ型の5a-リダクターゼの作用を妨げる薬です。アメリカで1983年に合成され、前立腺肥大の治療薬として1992年にアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可されました(商品名:プロスカー)。前立腺肥大にも、ジヒドロテストステロンが関係しているのです。

ある薬物が治療薬として認可されるためには、患者さんの協力を得て臨床試験が行なわれます。フィナステリド(プロペシア)も前立腺肥大の薬として臨床試験が行なわれたわけですが、その過程で男性型脱毛症の人に投与すると育毛効果が表れることが分かり、育毛剤としての研究もなされるようになったのです。

アメリカのFDAがフィナステリド(プロペシア)を男性型脱毛症の治療薬として認可したのは、1997年のことでした。前立腺肥大治療薬としてのフィナステリドは1錠につき5ミリグラムの含有量ですが、男性型脱毛症の治療薬は1錠当たり1ミリグラムの含有量です。

それまでの脱毛症薬はほとんどが頭に直接塗る薬でしたが、フィナステリド(プロペシア)は内服します。これを飲むと、テストステロンが細胞内に入ってきたところでⅡ型の5a-リダクターゼの作用を妨げ、ジヒドロテストステロンの産出を抑えるので、これによる脱毛作用もくい止めることができるわけです。

薬効作用としては非常にシンプルですが、初めに世に出た効果的な「飲む発毛剤」として、一躍世界的に注目を集めました。2007年10月現在では、世界の60カ国以上で承認されています。

日本では21世紀に入ってから臨床試験が行なわれ、2005年の10月に1ミリグラム錠と0.2ミリグラム錠を厚生労働省が認可しました。一般に育毛剤の臨床試験は、フォトトリコグラムという方法で行なわれます。頭頂部の髪の毛を1センチ四方切り、そこに生える髪の毛の本数で薬の効果を確かめる方法です。

アメリカでの臨床試験は、フォトトリコグラムによる二重盲検比較試験で行なわれましたが、日本では臨床写真のみによる二重盲検比較試験が実施されました。アメリカのフォトリコグラムでは、髪を切り取った部分をはっきりさせるため点状の刺青が使われるのですが、日本人には頭部への刺青に抵抗を感じる人が多いため、臨床写真による二重盲検比較試験のみとなったのです。

二重盲検比較試験では、被験者をふたつのグループに分け、ひとつのグループには試験の対象となる薬、もう片方には偽の薬を与えます。フィナステリド(プロペシア)の臨床試験では、男性型脱毛症の治験協力者に無作為に3つのグループに分け、ふたつのグループにフィナステリド1ミリグラム錠か0.2ミリグラム錠を飲んでもらい、残りのグループの方々には育毛効果のない偽薬を飲んでもらったわけです。

この偽薬をプラセボ、あるいはプラシーボと言います。「プラシーボ効果」という言葉なら、多くの方がご存じではないでしょうか。個人の思い込みによる効果のことで、たとえば効力がないものを「特効薬」として与えられた場合、「絶対効くはず」と思い込んで実際に効果がでてしまうことを言います。

臨床試験を行なう際、被験者が何を与えられたか明らかにされると、効力が変化してしますことがあるので、それを明らかにしないようにする方法が盲検試験です。さらに、薬を被験者に与える側にも、自分が与えている薬が試験の対象薬か、またはプラセボであるかを知らずにおこなうものを二重盲検試験と呼びます。薬を与える側が、どちらを与えているか知っていると、渡すときの態度などから相手に分かってしまう恐れがあるので、慎重を期して両者ともに知らせずに行なうのが二重盲検試験です。

では、我が国おけるフィナステリド(プロペシア)の臨床試験結果をお知らせしましょう。日本では24歳から50歳で、軽度あるいは中程度の男性型脱毛症の方々を被験者として、頭頂部写真評価が行なわれました。「著明改善」「中程度改善」「軽度改善」「不変」「軽度進行」「中等度進行」「著明進行」の7段階で評価したのです。

フィナステリド(プロペシア)0.2ミリグラムの錠剤を1日1錠、1年間つづけて飲んだグループでは54%、1ミリグラム錠剤での同じ試験では58%の方に「改善」が認められました。服用後1年を経ても改善効果は見られず、「不変」だった人の割合は40%、抜け毛が「進行」した人は2%でした。

一方、プラセボを1年間飲み続けたグループでは、72%が「不変」、22%が「進行」、そして6%の方が「改善」という評価がなされました。

同じ条件で行なわれたヨーロッパでの臨床試験においても、フィナステリド(プロペシア)を飲んだグループでは48%に「髪の毛がやや増加」以上の効果が見られ、プラセボを飲んだグループで同様の効果を得られたのは7%でした。

また、アメリカでの臨床試験では、男性型脱毛症の患者さんにフィナステリド(プロペシア)1ミリグラム錠を1日1回、6週間飲んでもらったところ、頭皮のジヒドロテストステロンが64%低下しました。フィナステリド(プロペシア)によって、脱毛の原因となるホルモンを減らせたわけです。

以上のことから、フィナステリド(プロペシア)の効果は人種に関係なく表れることが分かります。明らかに効果が表れるのは、投与後6ヶ月から1年ほどである点も共通しています。しかしひとつだけ、日本人に特徴的なことが発見されました。

欧米でも日本でも、フィナステリド(プロペシア)の臨床試験には1ミリグラム錠と0.2ミリグラム錠が使用されましたが、欧米の被験者にとって0.2ミリグラム錠の効果はやや低かったのに対し、日本では0.2ミリグラム錠を投与されたグループの効果が、1ミリグラム錠投与グループとほとんど変わらなかったのです。欧米人に比べて体格が小さいこと、あるいは人種的な違いによるものかもしれません。

フィナステリド(プロペシア)は2005年10月に厚生労働省の認可を得て、2ヶ月後の12月、プロペシアの商品名で販売が開始されました。その際、1ミリグラム錠に加え、欧米にはない0.2ミリグラム錠も生産されることになったのは、こうした結果を踏まえてのことです。

その後、国内で1ミリグラム錠投与による3年間の延長試験がなされました。先ほど紹介したように服用を開始して1年後には58%の患者さんに「改善」が認められましたが、これが2年後には68%、3年後には78%と、改善率は年を追うごとに10%ずつアップ。つまり3年間内服継続すると、80%近くの人に「髪の毛がやや増加」する現象が見られたのです。

実際は、飲み始めて1年ぐらいのあいだは発毛数は増えるのですが、その後の発毛数は徐々に減っていきます。ただし、外見上は1年後より2年後、2年後より3年後のほうが「髪が増えた」と見える例が多いことから、発毛数は減っても髪が伸びるスピードが速まる、または毛が太くなる現象が起きていると思われます。

またこの試験では、3年間続けて服用した患者さんの98%は、男性型脱毛症の「進行」が認められなかった、という結果もでています。海外の頭頂写真評価では、1ミリグラム錠の5年間投与で、90%の患者さんに抜け毛を抑える効果、あるいは改善効果が認められました。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

外用薬ミノキシジルの誕生

 成分ミノキシジルは、元々狭心症の治療薬として開発されたものなのでした。ミノキシジルには、毛細血管を拡げて血圧を下げる作用がありました。さてさて、血圧を下げるためにミノキシジルを飲んだ患者たちの中に、なぜか体毛が濃くなったり多毛症になったりといった副作用が発生しました。

 この噂を聞いたハゲに悩む皮膚科の医師が、ミノキシジルを粉にしてアルコールに溶かし自分の頭に塗ってみたところ、毛が生えてきました。この噂がアメリカに広まり、全米でミノキシジルを狭心症治療にではなく育毛薬として頭にぺ夕ぺ夕塗る怪しげな療法が流行。妙な使い方はしないようにとFDAが警告まで出したとのことです。

 で、これは商売になると考えたミノキシジルの開発元ファルマシア・アップジョン社が、キチンと臨床試験を重ねて塗り薬としてFDAに申請してできたのが「ログイン」と「リゲイン」です。FDA申請時のデータでは、男性2300人に対して1年間2%溶液をつけた有効率は84%! 素晴らしいデータです。

 ミノキシジルが毛細血管を拡げる作用のあることから、ミノキシジルに続けとばかりに多くの狭心症治療薬が粉にされてハゲ頭に塗られたのですが、効果は見られなかったそうです。また、当初は、ミノキシジルの血行促進作用が育毛に有効とされていたのですが、どうもこの点も疑わしくなってきています。最近では、頭皮の血行促進に貢献していたのは溶液のアルコールの作用だったという可能性も疑われています。

 というのも、血行促進という要素を度外視した実験室での細胞実験においても、ミノキシジルが髪の毛の細胞を活性化することがわかっているからです。つまり、当初、服用によって効果が発見されたことからわかるように、アルコールに溶かさない純粋なミノキシジルでも髪の毛の細胞を活性化できるということです。またミノキシジルが髪の毛の細胞分裂を促進することもわかってきており、このことからどうもミノキシジルは遺伝子レベルで髪の毛の細胞に働きかけるのではないか、髪の毛の成長に関係した何ものかにダイレクトに作用するのではないかと考えられているのです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

エフペシア | F-Pecia

エフペシア1mg

【 エフペシア1mg | フィナステリド1mg | シプラ 】

エフペシアは、フィナステリド1mgを有効成分とする、飲む育毛薬として有名なプロペシアのジェネリック医薬品です。プロペシアのジェネリック医薬品として有名なのがシプラ社のフィンペシアですが、エフペシアは、フィンペシアのキリンイエローを使用していないタイプとなります。成分であるフィナステリドは、前立腺肥大症の治療薬として研究・開発されたお薬ですが、服用者に脱毛症の改善が認められたことから、あらたに男性型脱毛症治療薬として、米国FDAに認可され、世界60カ国以上で承認・処方されています。1日1回1錠服用するだけで抜毛・脱毛の改善、育毛の促進が認めらます。エフペシアは、1箱100錠入りですので、3ヶ月間服用可能となります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

プロペシアの1/10の価格のジェネリック「フィナロ1mg」

フィナロ1mg

【 フィナロ1mg | フィナステリド1mg 】

フィナロ1mgは、プロペシアのジェネリック医薬品です。正規品(プロペシア)の開発には数十億~週百億円ものコストがかかるとされています。ジェネリック医薬品(フィナロ)の開発は、正規品(プロペシア)の情報をもとに開発されているため、多くの開発コストを必要としません。そのため、ジェネリック医薬品(フィナロ)の価格は、正規品(プロペシア)の1/10の価格で販売されています。、正規品(プロペシア)と同じ成分フィナステリドの商品を安く購入可能なのが、ジェネリック医薬品(フィナロ)のメリットです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

発毛促進には睡眠、食事、喫煙、ストレスのトータルケアを

仕事プライベートを含めて、生活状況と髪の毛の状態は、さまざまにかかわりあっています。ここでは、睡眠、食事、喫煙、ストレスなどとの関連について、それぞれ簡単に指摘しております。

睡眠と脱毛に関するくわしい医学的データはありませんが、髪の毛に悩む多くの患者さんの治療にあたってきた実感として、毎日の睡眠時間が5時間を割り込んでくると、脱毛など髪の毛に対する悪影響が目立ってくるようです。

偏った食事や栄養不要の状態を長く続けたり、適度のダイエットなども、髪の毛の太さ、成長のスピード、色などに変化を及ぼします。また、食事内容よりも、不規則な食事時間が問題と思われることもあります。

喫煙は、末梢の神経を収縮させ、毛根の周囲の血流を悪くするおそれがあります。また、DNAを傷つける可能性も指摘されています。髪の毛の悩みをもつ人はとくに、できるだけ禁煙をしてほしいと考えます。すぐにはどうしてもやめられなくても、1日5本程度にまで減らしていただきたいというのが、実感であり、本音です。実際の患者さんでも、禁煙が発毛がプラスに働いたと思われるケースがあります。

過度のストレスは、脱毛につながることがあります。精神的なストレス、不規則な生活などからくる身体的なストレスにより、自律神経のバランスがくずれて血管が収縮し、血行や栄養の供給が悪くなり、頭皮の状態の悪化や脱毛を引き起こすのではないかと考えられています。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ミノキシジルの副作用である体毛の増加はどれくらいか?

ミノキシジルは現在、男性にも女性にも使える薬です。実際にこの薬を使って発毛促進の治療を勧めるときは、女性の患者さんに対してはとくに、副作用として体毛の増加があることについて説明します。

しかし、体の部位にもよりますが、体毛の成長期はせいぜい半年くらいで、手足の毛でも、まゆ毛でも、いつでもどこまでも伸びるということはまずありまえんので、実際にはさほど問題になるほどのことではありません。とくに男性であれば、ほとんどは服で隠れてしまうでしょう。

女性んびこの薬を使用するときは、これから夏に向かう季節であったり、肌の露出が比較的多い傾向の人の場合、体毛の増加の可能性をきちんと説明して、「どうしましょうか」と相談します。本人が、服装でなんとかカバーしましょうということもありますし、もうしばらく待って、秋から冬にかけての時期に、この薬での治療に取り組んでみたいという人もいます。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ミノキシジルによる治療をやめると再び薄毛や脱毛を引き起こす

ミノキシジルによる治療でむずかしいところの一つは、「発毛・育毛剤」の宿命ともいえますが、使用をやめると再び薄毛や脱毛を起こしてしまう人が少なくない点です。

薄毛、脱毛は、さまざまな原因、理由、きっかけで起こります。男性型脱毛症、フケやアブラが多いなど頭皮の状態、睡眠、食事、ストレスなどが原因となります。

薄毛、脱毛になる人は、体質、健康状態、生活状況など、薄毛、脱毛が起こりやすい「何か」をもっていることが多いのです。頭皮の状況としていえば、血流が悪化し、皮脂腺がやや大きくなっている。また、頭皮の皮下で白血球やリンパ球の増加が見られるという報告もあります。

いずれにせよ、ミノキシジルによる治療をやめる場合には、やめた後どうするのか。髪の健康のために、何をしていくのか。何ができるのか。その点をよく考えておく必要があります。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ミノキシジルはとくに頭頂部に発毛効果がある

ミノキシジルを使用すると、髪の毛が太くなり、長く伸びてくるのに加えて、休止期の毛根が成長期に移行して、新しい毛が生えてくることもあります。一般的には、どちらかといえば頭頂部の薄毛に効果的であるとされていますが、私たちの治療経験では、数年というレベルの長期間にわたって使用を継続すると、前頭部にも発毛効果が見られるケースがあります。

フィナステリド(プロペシア)によって男性型脱毛症の進行を抑制するのは、いわば「ディフェンス」の治療であり、これに対して、ミノキシジルによって発毛を促進するのは、「オフェンス」の治療と考えることができます。

「ディフェンス」は相手の出方に応じてやり方を決めていくものですが、「オフェンス」はこちらから攻めるのですから、いろいろなタイプの薄毛、脱毛に対して、積極的に進めていくことができます。原因やきっかけがどうであれ、あらためて「髪の毛を生やす」ことを目指すわけです。


プロペシア

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- プロペシア個人輸入 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-